SMAS筋膜のみに届く大阪でのたるみ治療のHIFU

HIFUを使った治療でフェイスラインが引きあがった

これらは確かに効果をもたらすものの、皮膚層までにしかエネルギーが届くことはありません。
SMAS層までエネルギーが到達をすることができるのが、HIFUのすごいところであり、他の層に強い衝撃を当てることもないです。
まさに狙い撃ちができるタイプですから、SMAS層をダイレクトに狙い照射をすることから、リフトアップの手術を行うのと同じくらいの効果を発揮するというわけです。
切らないフェイスリフトと呼ばれるのは、こうした仕組みがあるためでした。
魅力の高いHIFUの治療ですが痛いというよりは、顔に軽い筋肉痛を起こしているような感覚です。

大人気たるみ治療!ウルトラセル!〜大阪・心斎橋・WCLINIC〜 https://t.co/HGlG69NFIu #青汁 #酵素 #アンチエイジング #ダイエット #免疫力

— 青汁健康お役立ち速報 (@aojirubijin) 2018年2月12日
骨の近くはとても響くので、その際の不快感はありますが短時間ですから我慢ができます。
照射をする時にはどこを打っているのか、次はどこかなど、説明をしながらなので理解がしやすいです。
施術を受けた日は全く効果は分かりませんでしたが、本当にゆっくりと変化があり、クリニックで言われた通り3ヵ月目あたりが、最もたるみが気にならないくらい、フェイスラインが引きあがりました。

たるみの改善にエステでは持続性が無く何度も通う必要がある : 大阪の美容外科で美容医療機器を使ったたるみ治療を受ける : HIFUを使った治療でフェイスラインが引きあがった